ムジカのぶろぐ。By @ryoushitsu

ムジカのキオク。♪note:https://note.com/ryoushitsumusica ◆YouTube: https://www.youtube.com/channel/UCWvTBOe1O9GICLtyreUu-6Q

コロナ禍で「大副業時代」幕開け? アジアで最下位の「自己研鑽しない日本人」が副業で稼げるのか?(横山信弘) - 個人 - Yahoo!ニュース



正論である。

副業で稼ぐことを推奨したところで、ほとんどの人々は稼げない。そればかりか、本業の給料を下げられる上でそうなるわけだから、実質的に減給となるだけ。そして結果的に貧富の差が広がっていくだけ。それこそが令和に叫ばれている副業の真実。言い換えれば、働かざる者食うべからず。もっと言えば自己責任ということになる。日本人は勉強しない。かつてあれ程までにエコノミックアニマルと言われた日本人はもういない。いや、そもそも勉強なんて昔からしていない。やらなきゃやられるという過酷な環境の中で、藁をも掴む思いで働いていた、または、働かされていたというのが真実に違いない。あらゆる神話が崩れ、仕事に対するモチベーションは下がる一方。そんなかのトドメの一撃がコロナだった。もはや誰もが働く意欲を失い、働く意義を忘れ、働くことは地獄のデスマーチというレッテルを貼られている。そんな中、本業が振るわないからと言ってなぜ副業をやれるだろうか?儲けさえすればいいという安直な行為で転売ヤーは横行し、そこに対するハードルは上がる一方である。そうかと思えばわたしたち消費者もまた、1円でも安くという感覚で商品やサービスを選んではいないか?つまり、需要と供給それぞれが疲弊するだけの負のスパイラルに陥ってしまう今の日日本では、副業という一見すると本業で減ってしまった収入を手軽に、いとも簡単に、苦労することなく手にすることが出来る錬金術かなにかと勘違いさせることに成功した。それこそ、この記事が指摘する、情報商材を扱う業者のお客様の量産化である。この記事はまっことすばらしい。真実しか書かれていない。わかりやすいのは、投資で損をしない方法は、投資をしないことだという言葉からもわかる。つまりこう言いたいのだろう。儲けたくば働け。さもなくば、スキルを上げる努力をせよ、と。日々をギリギリで生きているようなわたしからすると本当に頭が痛くなるような指摘ではある。わたしはあらゆる事象の言語化に挑戦中ではあるので、ここにわたしなりのスキルアップを目指したいところではあるのだけれど。上には上がいますからね……ふう。

 

それじゃあまたね(了)