ムジカのぶろぐ。By @ryoushitsu

ムジカのキオク。♪note:https://note.com/ryoushitsumusica ◆YouTube: https://www.youtube.com/channel/UCWvTBOe1O9GICLtyreUu-6Q

「40以上はやる気なし」会社のホンネと消滅するおじ社員:日経ビジネス電子版



やる気はあるが失敗も多い若手か。やる気はないが無難な中年か。

会社の本音を分かりやすく言えばできる人を伸ばして、やる気のない中年社員を削減したい、である(給与も高いし)。なぜ40代の社員はやる気がないのか。特に男性。それは会社の出世争いから外れ、特にやりたいことも無くなってくると、もはや頑張るだけ無駄という雰囲気が漂ってくるからだろう。頑張ったところで出世しない。出世しなければ給与も上がらない。やりたいことをやろうにも、さまざまなしがらみが足枷となる。それならいっそ自分を殺して押し黙って過ごす方が賢いのではないか、と思うのだ。しかしそれは安易な選択であると同時に自らを腐らせていくもっとも悪い選択である。心が病んでしまえば、もはや再び這い上がることなどできない。ただ、死を待つだけの、存在に成り下がる。それも人生さと諦めがつくならまだマシかもしれない。しかし、ある時ふと、このまま死ぬのか……となんだか途方もない不安に苛まれるときがある。あれは、独り身だった時に急に誰かと一緒に生きていきたくなったあの感覚と同じだ。あの時私はとにかくこのままではダメだと自分にムチを打ち、片っ端からやれることをすべてやって、自分磨きと恋人探しを同時並行で進めて行った。確かにそれなりに傷つきはしたが、最終的には目標を達成できたので、あの時私は頑張って正解だったのだと、今になって思う。わたしがこの記事が指摘するようか虚無感に40になる前に襲われ、このままじゃダメだという強い意志のもと、新たなチャレンジとして再び転職の扉を叩いたこともまさに同じ流れであった。そうして1年が経過してみると、確かに私の中にまだ残っていたやる気スイッチなるものを自分なりに押せている感じがしている。若い頃のような がむしゃらさはないにせよ、ローテンションでやるべき事をひたすらやり尽くすようなマシーンのような働き方を出来ているのは、もしかすると、今の歳に転職したからこそのメリットなのかもしれない。とにもかくにも、どんな人でも(まあ、社長職などの一部の例外は除いて)、40歳という節目を迎える前後にはやる気を無くすものだし、改めて自分が走ってきた30年ちょっとを振り返ってみたりするものだ。それは必要な通過儀礼であり、そこでくすぶる事もまた、次に進むための必要な足踏み行動だと私は思う。みんなが皆、勇気と希望と前向きさでもって人生をサヴァイヴできるほど人間できてはいない。そんな人間、出会ったことはない。確かに一部例外的にまるで若さを保ち続けて走れるスーパーマンのような会社員がいるがそれは今の世の中絶滅危惧種だろう。誰もが等しく悩み、等しく挫けそうになりつつ、どうしようもなく続く消耗戦を続けていく。そこに嫌気がさしてドロップアウトしてみればもっと悲惨な世界が待っていると思う人々は、今日もまた自分を慰めながら明日を平穏無事に終えることだけを夢見るのだ。それを日和見主義だとか言うのだろう。ある程度社会で色んな生き方をする人を傍目で見ているとそのどれもがどうでも良く感じられてくる。それもまた、事実である。そう言って周りを見られるだけまだマシという見方もあるだろう。人は現状維持で精一杯の時は他を見る余裕などなく、余裕が出来た途端に不平不満を漏らすのだから、どちらも等しく救いようがない。わたしはそうやってある種の迷いに囚われた人が半ば強制的に会社を退社させられ、その後ここでは語れないような凄まじい人生の転落劇を見せてくれた人を何人も見てきた(中には某有名都市銀行の支店長もいた。彼は今何をしているのか……)。強制退社させられる、と言う状況はなかなかにレアかもしれない。しかし、いまや役に立たなければ即リストラ対象である。希望退職もある。もはやあの頃のような、牧歌的な世界ではない。退社させられる、退社するという選択肢がすぐそこにチラつくような社会だ。そんな社会でいつ自分が望まない人生の選択を迫られるのかとヒヤヒヤするくらいなら、わたしはこちらからスパッと退社したいと思うタイプである。そうして自分の大きくはないが確かに存在する矜恃を守るのだ。それが次の職場でのやる気のスイッチに繋がると信じて。わたしは今何を思って仕事をするのか?と尋ねられたら、それはいかに与えられたことをひたすらこなすだけのマシーンになれるかしか考えていないと答えよう。そこに創意工夫とか、自分なりのやり方とかはあまりない。それを言い出せば一気に不平不満が噴出して、今の場所に居られなくなることが明白だからだ。どんなに惨めで、どんなに理解できなくても、わたしはここでこの先の数十年を過ごすと決めたのだ。そこにやる気とかモチベーションとかいう言葉は存在しない。やるべき事をやる。ただそれだけである。もちろん、若くはないので体や心を壊さないように細心の注意を払いつつ。そうだな。唯一この記事で言いたいのは、40代の社員を約立たずでと断ずるのはいささか早計であるということだ。どんな人でもそこまで生きてきた歴史があり、そこには目に見えないスキル、技術の宝庫である。それを1人で持ったまま定年ないし、退職させてしまうのはあまりにももったいない。それは40代の社員の頭の中には若い人たちが知りたくても分からなかった真理の一つや二つが、普通に混じっていたりするのだから。それを伝えることもまた、彼ら私たちの責務なのだと思う。

 

それじゃぁまたね(了)